トップページ[生活科学研究科] 研究科紹介居住環境学講座>居住環境学コース

[生活科学研究科] 研究科紹介

居住環境学講座

戻る
■居住環境学コース
 本コースは21世紀における成熟化・高齢化・国際化社会を展望する中で、人間の生活の根幹をなす「居住」に軸を据えた、教育研究の深化を図る。
 昭和50年に発足した生活科学研究科では、全国に先駆けて生活環境学専攻分野を設置し、生活科学研究の発展に大きく貢献した。その後、生活環境を標榜する学科や研究科が増加し、「生活環境」の内容も地球規模にまで拡大されるなど多様化したため、改めて研究の意義と目的を再検討すべき時期に達した。
 一方、人間の生活環境に大きな影響をもつ、居住空間をめぐる学問的な解明に対する社会的需要は、ますます増大している。さらに居住問題の解決にあたる優れた応用能力を有した人材養成も強く望まれている。
 本コースは、これらの社会的要請に答えるものである。

(2013.04.01更新)


居住環境学コースのシラバスはこちら ※PDFでご覧いただけます。



back number